アウトプットとやら

windymelt.hatenablog.com

 

 なるほど……。

 読んでる方はご存知だろうが、俺は真逆のタイプの人間である。アウトプットすることに対する障壁がほとんどゼロである。更新すると万の単位の人間が読みに来る状況でも、アウトプットのための障壁はツイッターで「うんこ」とつぶやくのとほとんど変化なかった。ただし問題はそのあとで「なぜ公開したんだ……」という後悔に囚われることになるわけだが。

 ただ俺のこの状態は、逆に、リンク先のアウトプットを妨げるものは心理的障害であるという意見を裏付けていると思う。俺になぜ障壁がないかといえば、それは根底のところで「どう思われても別にかまわない」と思っているからだし、さらにいうと俺には「どう思われるか」という意識そのものがほとんどない。ほとんどの文章は、自室でぱんついっちょうで書いているものであり、アップロードをする瞬間までは、すべて「自分ひとり」で完結する行動である。

 しかしアップロードした瞬間から「他人」が出てくる。なので「ゴミみたいものを書いてしまった……」という後悔が襲ってくる。ただし俺はだれかが物理で殴りに来ない限りは、わりとそのへん鈍感なので、やっぱりなんか書きたくなるとそのまま書いてしまうし、そのまま公開してしまう。つまり本質的には反省してない。

 ちなみに、リンク先の方のいう「劣等感」というものも、逆の立場である俺から考えるとおもしろい。俺は文章を書くことに関して、まったく根拠のない全能感を持っている。客観的に見て自分が文章あんまりうまくないことはよく理解しているのだが、心のどこかでは「文章を使ってやることならたいていなんでもできる」と思っている。客観的な評価を受けるのは、それがいい評価であれ悪い評価であれ基本的に大嫌いなのは、この「無根拠な自信」を崩すからだと思う。そして俺は自分と他人を比較する視点が極端に欠落している。俺が「自分は文章書ける」と思っているとき、それは「俺の世界のなかでは俺が一番」ということであり、そこに他人はいない。俺しかいないのだから、必然的に俺が一番であるに決まっている。

 なんか前の日記にも書いたような気がするんだけど、だれかが結婚したり、子供が生まれたりで、それぞれの幸福のかたちをかたちづくっていくなかで、俺だけは変わらず同じ場所にいるような気がする。というより、俺にとっていちばん重要なことは「自分の脳内の王国」を守ることであり、そのために社会的な立場が必要であり、金が必要だということなのだと思う。他人に干渉されないための最適な方法を探して現在に至る、というような感じ。