配送のバイトを昔やってた

www.newsweekjapan.jp

 

 うっわーだるそー。

 俺、20年以上前に、どこぞの配達のバイトやってたことあるんですよ。1年かそこらかな。記憶曖昧でアレなんですけど、1日の荷物がだいたい70~100個くらいで、100個まであるとけっこうだるい感じだった。

 スケジュールとしては、朝8時くらいに集配所みたいなところに出勤して、出発が10時くらい。荷物の量によって変わるけど。そのあいだにやることは、荷物を配達担当区域ごとに仕分けして、自分とこの荷物をまとめて、そんでその荷物を見ながら、クリアファイルに入れた地図にホワイトボード用のマーカーで印つけてくんすよ。で、配達順序を考えつつ荷物を車に詰め込む。つっても荷物の大きさはばらばらなんで、小さいものは運転席に置いたでっけーカゴみたいなのに入れて、大きいのは後部の荷台で、みたいな工夫がいろいろある。

 で、10時くらいに出発して、70個か80個くらいだと14時……んー、15時までには帰ってこれる感じかなあ。ただ俺がやってたところでは、全部が訪問して手渡すわけじゃなくて、書籍をポストに投函するだけみたいなのも混じってたから、アマゾンの配送なんかよりは効率よかったんじゃないかと思う。

 100個越えるとちょっとだるくなってきます。

 繁忙期なんかは150個とかあって、こうなると軽の四角い車だとすべてを積み込むのがかなり難しくなってくる。といっても、いちばんひどい時期でも、俺のときはいったん集配所まで戻るようなことはなかった。

 車とガソリン代は向こう持ちで、荷物1個あたり100円くらいだったような気がする。当時はフリーターだったんだけど、月収で月20万くらいとかは行ってたし、繁忙期だともっと稼いだ。時給じゃなくて、完全に配送した数での歩合給。不在はどうだったかなあ……不在通知置いてくれば個数に入ってたような気がするんだけど、このへんちょっと記憶が曖昧。

 集配所には戻ってこないので、メシは外で食う。

 余談だけど、当時自宅で暮らしてたフリーターにとって、月収20万以上とかわりと大金で、この時期に古本屋で本を買い漁ったことが俺の基礎教養になってる。特にマンガはそうで、100円の古本を一度に20冊とか30冊買うようなことはよくやってた。

 

 で、リンク先なんだけど、会社に渡される金が1個あたり200円ってちょっと絶望すぎる。会社でしょ? 配達してる人間じゃなくて。だって俺がやってたのって20年以上前で、いくら物価が上がってないったって、当時菓子パンはたいてい100円くらいだったし、毎日のように買ってたヤマザキデイリーストアのサラダサンドだって確か150円だったよ。

 そもそも負担が違う。不在なしで130個ってちょっとした地獄っすよ。目標なんで、実際はもうちょい少ないだろうし、まあ配送の密度の問題もあると思う。俺がやってたのは都市化が進んでる都会のなかの田舎くらいの場所で、密度はかなり低かった。アマゾンの配送だと、ちょっと走ったらすぐストップくらいの感じだろうから効率は俺がやってたときよりもいいと思う。でも俺やってたときは時間指定って存在してなかったからね。ルートは完全に「配達する自分にとってもっとも効率がいいかたち」にできた。まあそれでいったら当時と現在では、おそらく在宅率はぜんぜん違うとは思うんだ。当時は家にだれかしらいるほうが多かったと思うし、そもそも一戸建てのほうが多い地域だったから。あとあれだ、過密した都市部だと、車止められる場所って限られるから、車を止めて玄関まで到達する時間ってのが大きく影響してくるんだよね。俺の場合は一戸建てで車を横付けできる場所が多かったんでその点は楽だった。まあ逆にインターホン押してから出てくるまでが時間かかるんだけど。

 というような諸条件考えても、配達完了で130個はまじで地獄。つーか1日平均でそんくらい配達してたら、いかにバイトでもろもろの天引き少なかったっつったって、35万くらい稼げてたもん。いまそんなに稼げないでしょ? そりゃ要領の悪いドライバーさんは淘汰されるって。

 んじゃおまえアマゾン使わねえのかよっていったら、やっぱ便利だから使いますよそりゃ。さっきもKindle Fireの10インチのやつ買ったし。もうテレビ処分してかわりにこれにしようかなーと思って。提供されてるサービスなんだもん。使うよ。けどかわりに、いまより不便になっても文句言う気ないし、配送料がもっとかかるようになったら、それに応じた使いかたを考えるだけだと思う。少なくともお急ぎ便はまず必要ないと思うんだけど……。

 まあ末端だけど配送のバイトの経験がある人間からすると、以前からあのお急ぎ便のきちがいじみた速さって意味わかんなかったんだよね。相当の無理かかってんだろうなあって。

 自分の現在の仕事でもそうだけど、ほんと20年前と比較していろんなことがものすごく効率化してる。してるのはいいんだけど、そのぶん仕事の密度はめっちゃ上がってる。これどこでもそうだと思う。便利になった。ほんと便利になった。利用する側としては。そして別の業種ではあれど、提供する側としてはきつくなった。その「きつくなった」の内訳として、システムで対応できてる部分は確かに大きいんだけど、同時に人間にかかってる負荷はまちがいなく大きくなってる。

 昔はよかった論ってだいっきらいなんですけど、こと自分の仕事に関しては「昔は楽して稼げた」っていうのは確実に言えると思う。余裕、なくなったよねえ……。