音楽

www.youtube.com

 

 いわずと知れた有名な曲です。

 この方はニコ動でアップしてた「結ンデ開イテ羅刹ト骸」が最初に聞いたやつです。あれなんすわ、ボカロについてはブームの最初にアップされる曲ほとんど全部聞いてた時期があって。

 

www.youtube.com

 

 ボカロ曲については、やっぱ「メルト」が出てきたときに、これとんでもねーことになってんなと思って。あの時期のボカロ界隈は、いまでいうバーチャルユーチューバー以上の勢いがあったんじゃないかなと思うんですけども。まあまだあの時期でもインターネットけっこう狭かったしなあ……。

 この曲は衝撃でした。俺は通常、歌詞ってほとんど耳に入らないし、耳に入ってても意味がわからないんです。たまにいるでしょ、1番と2番の歌詞をごっちゃにして歌ってて本人だけ気づいてないタイプの人。あれです。歌詞が表示されるっていうボカロ曲の動画だったということもあるんでしょうけど。とにかく言葉の選びかたのセンスがえげつないんですよ。こういうのって歌詞がなにを意味してるのかとかはわりとどうでもいい。極端にいえば意味なんてなくてもいい。適切な単語を選び出して並べてそれっぽくできること、これ自体がセンスなんですわ。

 そんでいま聞いて思うのは、サウンドの厚みとかミックスみたいな話はともかくとして、曲としてほとんど隙がないってことです。これは驚く。

 かといって、ミュージシャン単位で追うことはもうほとんどしなくなってて、それであるとき不意に聞いたのが「アイネクライネ」となります。これについては特に言うべきことはなにもなく、ただひたすらに涙腺を爆撃する曲であるということだけを言っておこうと思います。この曲を作った人は二十代とかそんなもんだと思うんですが、この時期にしか作れない曲ってのがあるんだとしたら、たぶんこういう曲だと思います。