「給料以上のしごとをするな」

 あのーわりとどうでもいいことですし、そんなにブログに長文書いて主張するようなことでもないんですけど、給料が安すぎるとかブラック企業が云々みたいな話になったときに「給料分以上働くやつが悪い」とか「奴隷根性」とか言い出す人かならず一定数出てくるんですけど、あれおかしくないですか。実際に現場にいてがんばる人っていうのは、特に自発的に給料以上の仕事しちゃう人っていうのは、それがおもしろいからやっちゃうんですよ。それをしてやりがい搾取なんていったりしますけども、それ悪いのは搾取するほうですよね? 給料以上の仕事をする動機なんてさまざまで、俺が見てきた限りでは「気になるから」「退屈だから」みたいなわりとどうでもいい動機でスタートするんですよ。要するに仕事がヒマであるよりはなんかやってたほうが気が紛れるからとか、そんくらいの理由でしかない場合が多い。それをして「やるな」というのであれば、退屈に耐えよ、砂を噛むような索漠とした思いに耐えよって話で、なんの権利があって他人にそんなもん押し付けるんだよって話だと思うんですね。これは俺自身が「頼まれてもないのにやる」傾向のある人間だからことのほかそう思う。

 まあそういう「給料以上のはたらきをする人間が正当に評価される」環境をつくるために「抗議運動として」給料以上のはたらきをしないというのならまあわからないではないんですが、それだって水準以上にできる人、やっちゃう人に対して「おまえはこれをしてはならない」と要求することになるわけじゃないですか。

 と書きつつも、実際のところ労働者は立場的に弱いので、団体で圧力をかけるためには、そのへんの衆目一致って必要悪なんだろうなあとは思うんですが、それにしたって「できてしまう」人間が、それゆえに我慢しろと要求される状況とか気に入らない。労働力ダンピングだからやめろと、そういうことを周囲からいわれたら俺ならやめる。そうだそうやって労働市場は流動化していくのが正解であり、適材適所なんだという意見もまたわからないではないですが、俺はその場合、同調圧力をかけた人間を恨むと思います。どっちにしろやりたいことしかやらないわけで、向こうがこちらのやったことに乗じて搾取するようなことがあったらやめるんすよ。腹立つし。

 ちなみにですが、俺は仕事中に脳がヒマしてると思うと時間の経過が遅く感じてイライラしてしょうがない人間であり、かつ俺のようなタイプは会社組織とは徹底的に相性が悪いっていうのは、過去の経験から実証済みです。

 

 でもまあ、そのへんすべてひっくるめて、おまえみたいに強い人間ばっかじゃねーんだよみたいな話になるんだろうなあ……。