最近のホッテントリ

 そうだ書こうと思ってたことあったんだ。忘れないうちに書いとこ。いや、大したことじゃないんすけど。

 ホッテントリ見てて、まあ昔(10年前?)にくらべると新聞の三面記事みたいになってるよねーみたいなことは感じてたんだけど、さっき車運転してて「ほんとにそうか?」ってふと思って。というのは、なんらかの専門家なりあらかじめある程度ネームバリューのある人が渾身の力で書いた、すんげー記事ってのがぼつぼつ増えてるなーと思いまして。

 俺は以前から、ブログってのは「そこそこ長い文章をまとめて置いとける場所」くらいのものとしか思ってなくて、だからまあ、内容は書く人の数だけあると思うんですね。で、10年くらい前はまだインターネット生え抜きみたいな人が多かった印象。いまは、インターネットの外部にいた専門性の高い人が参入してきてて、あるいはインターネット生え抜きの人でもなんらかの力を持った人が注目されやすいような、そんな印象です。まあ持ち上がりってこともありますよね。単純にいうとメディアとしての成熟ってことだと思うんですが。ネットが普及しようがしまいが、SNSが全盛になろうがなるまいが、人が求める文章そのものってあんまり変化がないはずなんですよ。となれば雑誌や新聞、あるいは書籍のような、読む人になんらかの価値を与える文章が注目されるのはあたりまえのことで、そうでない書き手は大量の情報のなかに埋もれてしまう。

 ただおもしろいのは、そうした状況に対するカウンターとして増田みたいなもんがあることですね。

 間口が広くなると、異能の人ってのはかならず出てくる。いいことなんじゃないすかね。