ラブシックなんちゃらその1

 んーと、さすがにケモノ娘の育て方だけじゃちょっと食いたりなくて、なぜか以前にクリアした姫恋シュクレーヌとかやりなおしてたんですけど、タイムラインでタイトルが出てきたので発作的に「LOVESICK PUPPIES」というやつを購入しました。

 今日からスタートです。2013年の作品っすね。

 まあよくあることなんですけど、やってみてしばらくしたら「あ、これ体験版やったことあるなー」となりました。やったうえで買わなかったというのはさほど惹かれなかったということなんですけども。

 んで開始まもなく「あ、これあかべぇ系列なのでは」って気づきまして、それから公式サイトを確認してあーやっぱりとなりました。

 あかべぇ系列の作品って特徴あって、といってもわりと避けてるメーカーなので「まちがって体験版やってしまった限りでは」ということになりますけど、とにかく設定がやたら凝ってて、その設定がわりと管理社会っぽいようなものが多くて、主人公がその異分子みたいな感じですね。全体としてはエロゲではなくなにか別の読みものを読まされてるような感じで、思い出したようにエロシーン入れてきて、エロゲのふりを始める、というような感じです。

 でまー、これがとにかく俺と相性悪い。基本的に主人公がやたらアツいってのもどうにも苦手で。それにもかかわらずお話は非常に緊密に作ってあるんで、要は「ディスプレーの向こうでなんかやってる」っていう印象になりがちです。

 基本俺は「おもしろければなんでも読む」の人なんですけど、エロゲに関してはちょっと違う評価軸があって「入れるかどうか」なんですよね。俺の用語でいうと「ディスプレーのなかに頭つっこめるかどうか」です。フックとでもいいますか。ただそのフックってのがこういうもんであると具体的に説明するのはけっこう難しいです。おそらく多くのエロゲはそのフックっぽいものを人工的に作ってあるんだと思うんですけど。んで最近のイチャラブ系のは最初からそのフックの「後」からスタートしてるんで、のめりこめないんじゃないかなと思うんですけど。

 確実なのは「隙」なんですよね。女の子の隙。その隙がですね、主人公という透明な存在をとおしてこっちまで届けばディスプレーに頭突っ込むきっかけになります。でも小説なんかだとわりとそういう作りにはなってない。仮に女の子が隙とやらを見せたとして、その隙を回収していくのは、お話の世界のなかにいるだれかであり、なにかです。あかべぇ系列と俺が判断してる作品って、主人公がわりと有能で、そういうのを全部回収しきっちゃような印象がある。

 今回もそれかと。でもまー信頼できる人がおもしろいって言ってたし、お話としてみればおもしろいのは確実なんで、つらつらと読んでたんですよ。重苦しい家庭事情を背負った女の子がいて、人をほっとけない主人公がその子のために奔走するような姿を。もうこの時点で主人公のキャラとの相性が非常に悪い。

 んで、そのめんどくさそーな女の子のエピソードがようやく一段落したなーと。なんとなく「そっか、これでようやく共通に入る準備ができたわけだな」という感じはしてて、そこでOPに入ったんですけど、このOPってのが、それまでの重苦しい雰囲気を完全に吹っ飛ばすやたらポップなやつで「いったいなにが始まるんです?」状態になりました。

 

 んでまー、プロローグが終わってようやく第一話とやらに入ったんですけども、そんな状況なんで、キャラがまったく頭に入ってないです。長いことはまあ確定なんで、気長につきあうほかなさそうです。とりあえず退屈することだけはなさそうなんで、最後までやるでしょう。