パシフィック・リムって映画見た

 今日は時間があったのでうちの奥さまと映画を見ることにしてたんですが、映画にはあいかわらずうといので、ツイッターで「なにみよっかー」みたいな話をしてたら「パシフィック・リムで」といわれたのでそうしました。

 そんでさっき見終わってきました。

 俺は映画に関して知識がないし、まして特撮にも巨大ロボにも詳しくないんですけども、とりあえずめったやたらにおもしろかったです。以下感想となりますけども、あくまで「映画にも特撮にも巨大ロボにもとりたてて愛情がない」人間が書いたものだということを念頭に置いといてください。

 

 いやー、わけわかんない映画っすね。

 およそなんつーか、かっこよさってのがない。くどい。すべてが過剰。ロボットのデザインそのものは比較対象がないっつーか、こっちに審美眼がないんでよくわかんないんですけど、コックピットのデザインと動かすシステムみたいなのですよね、あれはかっこいいものなのだろうか。なんか作業場みたいなのもそうですけど、絢爛豪華にしてくどくてやりすぎでださい。ださいとまでは言い切れないんだけど、かっこいいのかと問われると「……どうなんでしょう」みたいな途方にくれちゃうような感じ。

 なんかこの「かっこいいのかどうか」っていう判断に迷う感じって映画全体に漂ってた気がします。画面の向こうではこれこそが最高だと思ってやってるんだけど、見てる側ではどう受け取っていいのかわからん、みたいな。ああそうそう、デコトラみたいなセンスがあります。LEDできらきらしててなんかすげー、見ようによってはかっこいいのかも?と思うんだけど、同時に冷静になってみると「あれはアリなの……?」ってなるような感じ。

 しかもそれが悪い印象ではないんですよね。完全に突き抜けてる。「そこまでやられたらもうかっこいいと思うしかないじゃん」っていう圧倒的な説得力が画面からこれでもかと飛び出してくるんですよ。

 全部乗せって感じもします。天かすでも油揚げでもとにかくなんでも盛っとけ!っていうような。メインはとうぜん巨大ロボットと怪獣の戦いなんですけど、なんかとつぜん殴り合いとか始まるし、棒で戦ったりするし、それほんとに必要なの?って言いたくなるんだけど、なんかもう出てきちゃったらしょうがない、受け入れるしかない、という謎の勢いがありました。

 それとキャラの濃さ。みんな過剰なまでにわかりやすい。学者二人の異常なキャラ立ちは言うまでもないんですが、後半に出てくる謎の中国人商人もたいがいだし。このキャラのくどさは、一面で「人間のドラマとしてはどうなんだろう」みたいな感じを受けないでもないんですが、そういうとこ気にする映画じゃないですからね。わかりやすさ第一。

 というような複数の要素が絡んで、全編これ山場といわんばかりの異常なテンションがありました。なんていうか「俺がいいと思うもの全部突っ込んだ」というような。そのせいかなんなのか、大まかなストーリーとしては隙がないと思えるのに、個々の要素とかつながりだけ見ると、ツッコミどころ満載にも思えるんですよね。しかもそれが欠点じゃない。楽しさにつながってる。

 

 あと特徴的だったのが、ロボットの動きはやたら日本っぽいのに、人間の動きはアメリカっぽいところです。海岸かなんかで踏ん張るとことか、大気圏外(あ、ほんとに行っちゃうんだってびっくりした)で刀みたいなの出してきたところとか。あのシーンは爆笑しました。爆弾の話が出てきたところからもう自爆オチしかないのではと思ったんだけど、ほんとにそうなるあたりとかもなんかすごい日本っぽい。

 反面で、ヒロインの子供時代(日本人ですよね?)の演技なんかは、子役であるせいか、妙にアメリカっぽいんですよね。とぼとぼと歩くとことか、眩しくててのひらで遮るあたりとか。あれは日本の実写作品じゃああはしないだろーと思った。

 

 ほかの人の感想とかぜんぜん知らないんですけど、これは俺でも日本の特撮映画とかアニメの影響下にある作品だなってのはすぐにわかりました。とにかく、わかりやすくて、派手で、強烈にアクの強い作品だったな、という印象です。いや、ほかのハリウッド作品なんてほとんど知らないんですけど、これはふつうの人間に出せるアクの強さじゃないと思う。

 見終わったときの最初の印象が「雑」だったんですよね。もちろん高度に計算された雑さではあるんですけど、その大雑把で派手な感じが強く印象に残りました。

 最近見た作品ではバーフバリ以来のわけのわからなさで、やっぱり2時間っていう枠だとこういう圧倒的な濃さって見せるのに重要なんだなーと思った次第です。はい。