サブスク話

 そういや今日もずっと音楽聞いてまして、んでサブスク系のサービスでは比較対照その他けっこう困ってる人がいると思うので、最近はYouTubeMusicをわりと使い込んでる俺がいろいろ比較してみてなんか書く。もともと時系列の記憶が怪しい人であるうえに、とりたてて調べる気もないので資料価値もねえぞ。安心しろ。

 

 俺はもう骨の髄からのサブスク系信者でして、最初に使い始めたのはナップスターからです。ファイル共有ソフトじゃなくて、音楽配信サービスです。当時としては驚愕の曲数で、基本的に洋楽聞いてればそれで満足な俺にとって、邦楽の弱さはほとんど問題になりませんでした。まだスマホ前夜でしたんで、音楽を持ち歩くならシリコンオーディオプレーヤーの時代であり、ダウンロードしてプレーヤーに転送できたんすよね。ここで出会った音楽は多かったです。

 まあiPod出てきてなにもかも終わったんですけど。それ以前にダウンロードの速度が爆遅とかいろいろ問題あったんですけど、それでも俺はこのサービスを本当に愛していて、

 

 次はソニーのアンリミテッド……なんだっけ。忘れた。これについてはナップスターとの比較でもまったく使えねえサービスで、もうサブスク系サービスは日本ではだめなんだ、しかたないと思ってiTunes+iPodに移行したのがこのへんです。

 

 そうこうしてるうちにスマホで音楽を聞くのがあたりまえの時代になってきまして、んでまあ、俺は今日までスマホ持ってないんですけど、サブスクとシリコンオーディオプレーヤーってのは根本的に相性悪いんだなと、諦めの境地でAndroidのタブレットを購入して、それで使うようになったのがGooglePlayMusicです。邦楽、ことにアニソンやエロゲ曲に関して致命的な弱さがありつつも、とにかく洋楽に関しては異常なくらいの強さがある。とはいえ、向こうからのおすすめや関連ミュージシャンの表示なんかにちょっと疑問符がつくところがあって、新しい音楽を発掘するという使いかたは意外にしてなかった気がします。

 よくやってたのが、YouTubeで漁って、気に入ったミュージシャンをGooglePlayMusicで探す、というやつです。結局のところ、YouTube登場以降、最強の音楽プレーヤーがYouTubeであるっていうのは、残念ながら事実だったわけですよ。

 

 その次はSpotifyか。これもいちおーアカウントとって使ってみたんですけど、確かにおすすめ機能とかあらかじめ用意されてるプレイリストとかはめっちゃ強力なんですが、クラウドへのアップロード機能がない時点で、GooglePlayMusicで充分ってことになりました。

 

 さて、そこで満を持してのYouTubeMusic登場です。もっとも5月には登場してたんで、いままで気がついてなかったのはどうなんだって気がしますが。

 あとアマゾンとアップルのはほとんど利用してないです。プライム会員ではあるんで、その範囲で自動的に使えるやつは、メシ作ってるときになんかよく流してますけど。iTunesは買うの専用ですね。

 

 んでここからが本題です。

 GooglePlayMusicいずれなくなるそうなんですが、そうなると俺みたいな人間は難民となります。移住先としてはYouTubeMusicが可能性高いんですが、いま両者を併用してる状態で、その違いとかについて書いておこうと思いますん。

 契約関係とか、そういうちょっと触ればすぐにわかることはぐぐれば調べられますので書きません。

 

 さて、俺が今日までGooglePlayMusicを愛用してた最大の理由なんですが、それはクラウドにアップロードできることです。CDからリッピングしてもiTunesで購入しても、とりあえずGooglePlayMusicに放り込んでおけば、アプリが入ってる端末すべてで聞ける。これが死ぬほど便利なんですわ。

 この機能はYouTubeMusicにはありません。これが厳しい。

 GooglePlayMusicについては、そういや「検索が異常に強い」というのがあります。かなり怪しいキーワードでもきちんと反映される。そこらへんはさすがGoogleのサービスって感じです。YouTubeもこのへんは基本同じです。SpotifyとかAppleMusicはけっこう検索微妙だった気がする。いまは改善されてんのかな……。

 両方ともサブスク系のサービスなんですが、YouTubeMusicいくつか問題ありまして、ひとつにはサブスク非対応の新曲なんかに関して「購入する」という選択肢がないっぽいんですよね。これまだ俺が知らないだけかもしれません。アップルだとAppleMusicで聞けない曲でも確かすぐに買えたと思うんですけども。アプリで同じように管理できたかどうかは記憶にない。

 もっともこの点に関してはGooglePlayMusicも決して褒められたものではないです。サブスク非対応の曲も買えるんですけど、わざわざGooglePlayのストアから購入しなきゃいけない。購入した曲はアプリからも聞けるんですが、アプリのほうからは検索しても出てこないんですよ。つまりアプリ単位で聞いてる限りは、課金への導線が異常にわかりづらい。てゆうかわりと最近まで購入して聞けるって知りませんでしたからね……。

 サブスク系のサービスとしての品揃えなんですが、今日までざっと聞いた限りでは、洋楽に関してはたぶんどっちも一緒です。邦楽全般に関してはあきらかにYouTubeMusicのほうが強い。アニソンエロゲ曲に関しては特にそうです。この点でさっさとYouTubeMusicに移行してしまいたいんですけど、サブスク非対応の曲が買えないってのは、ひとつのアプリですべてを済ませてしまいたい俺にとっては、重大な欠点です。

 もっとも、この点、YouTubeMusicには、その欠点を補ってあまりある特徴がありまして、それはYouTubeの動画がほとんど曲とシームレスに扱える、ということですね。これは強い。最近はよくfhanaを聞いてるんですけど、公式でけっこうフルコーラスあったりするし。ただこれ同時に、いわゆる違法アップロードに関しても「同じように」プレイリストとして扱えてしまうっていう問題があるんです。個人的にはあんまり好きじゃないです。

 

 というわけで、しばらくは二足のわらじ状態ですかね……。

 GoogleがいずれYouTubeMusicに一本化するっていうこといってるらしいんですけど、サブスク非対応の曲の購入はともかく、クラウドへのアップロードはたぶんやらないだろうしなあ……。

 なんか結局AppleMusicがいいんじゃないのみたいな話である気もする。